Home / 沖縄観光 / 西表島の浦内川へいこう!ジャングルクルーズを楽しめる浦内川の魅力
68f6c668f31aaffe0e1123da54c1d06a_s

西表島の浦内川へいこう!ジャングルクルーズを楽しめる浦内川の魅力

68f6c668f31aaffe0e1123da54c1d06a_s

浦内川は西表島の中でも豊富な自然の体験ができる魅力的な観光スポットです。マリユドゥカンビレーの滝など、神秘的な自然の観光名所を擁し、その付近でキャニオニングやカヌーなど、大自然ならではのアクティビティも楽しむことができます。

また、宇多良炭鉱史跡などの歴史的な遺産も付近にあり、沖縄旅行ならではの歴史的遺産と直接触れ合うことのできる旅をすることができます。

本記事では、浦内川の魅力とその楽しみ方についてご紹介していきます。西表島への旅行を計画されている方は、是非本記事を参考に、浦内川付近の観光も検討してみてください。

スポンサードリンク

1.浦内川のジャングルクルーズ

179a02e80e53a23ddbbfcbd5c5709baa_s

浦内川観光の代名詞といえばジャングルクルーズです。満潮時には上流まで海水が上がるこの浦内川では、海水、淡水、汽水などの様々な種類の水が混ざり合っていることから、豊富な動植物を周辺地域に分布させています。

まさにジャングルクルーズに相応しい浦内川のクルーズ旅行では、種々の生態系を鑑賞しながら、歴史的な炭鉱史跡や軍艦岩などを見ることができ、西表島へ旅行に行かれる際にはぜひおすすめしたいアクティビティとなっています。

浦内川のアクティビティにはトレッキングやキャニオニング、カヌー下りなど様々なものがありますが、ジャングルクルーズでは老若男女問わず、すべての人がこの自然と触れ合う経験を無理なくすることができます。浦内川観光をご検討の方は、まずはこのジャングルクルーズへの乗船を検討してみてはいかがでしょうか?

2.マリユドゥカンピレーの滝

マリユドゥカンビレーの滝は、ジャングルクルーズのままでは行けませんが、しかし浦内川周辺の観光スポットの代名詞ともいわれる荘厳な自然を感じさせてくれる滝です。

マリユドゥの滝は日本の滝100選にも選ばれている美しい滝で、「カンビレー」とは神の座を意味しています。
上流船着き場から川沿いに整備された参道を歩いていくと、この美しい滝に出会うことができ、まるで神々の世界に迷い混んでしまった気にさせる、そういった神秘的な雰囲気のある観光名所となっています。

沖縄への旅の醍醐味は大きな自然に包まれることもであるでしょう。それであるのならば、この浦内川からいけるマリユドゥ・カンビレーの滝への観光はまさにおすすめです。

3.キャニオニング

キャニオニングとは、渓谷を体一つで下っていく、ヨーロッパ発祥のアクティビティです。大自然の水の流れによって作られたウォータースライダーをすべったり、滝の上からジャンプをして飛び込んだり、自然とじかに触れ合える人気のアクティビティとなっています。

浦内川でもマリユドゥの滝からのキャニオニングを楽しむことができ、滝浴びをしたり、岩場からジャンプしたりなど、浦内川をまさに体で体験できる魅力があります。

ただし、キャニオニングについては、自然をそのまま活用したアクティビティとなっている以上、危険性がはらんでいることは確かです。実際に行う場合は、指導員のもと、安全に十分に注意をしながら実施するようにしましょう。

4.トレッキング

西表島は浦内川の特殊な水種もあいまって、豊富な生態系を擁しています。浦内川からは西表島の亜熱帯のジャングルをトレッキングすることができ、豊富な緑の自然を近くでたのしむことができます。

カンビレーの滝の近くでランチを食べたり、マリユドゥ展望台から景観を一望できたりするなど、のんびりと自然と触れ合いたいという方にもおすすめのアクティビティとなっています。

実際にジャングルの中を歩いていくことになりますので、手袋や軍手、靴、長ズボン、靴下など、最低限の準備は必ず行ってからいくようにしましょう。

5.カヌー下り

add7fc500a6bed18ed688b316d474847_s

また、浦内川のアクティビティとして、マリユドゥの滝からカヌーで渓谷を下るアクティビティも用意されています。

穏やかな渓谷の流れにカヌーでのんびりと浮かぶと、まさに大自然に抱かれた気持ちになり、普段歩いて感じる自然とはまた違った感覚になります。

ただ直線的に渓谷を下るだけでなく、周囲の自然を鑑賞したり、より穏やかな支流で遊んだりと、浦内川と一体となって楽しむことができるアクティビティがこのカヌー下りです。

6.宇多良炭鉱史跡

宇多良炭鉱史跡は、かつて西表島にあった炭鉱の史跡です。宇多良川の上流付近に位置しており、かつて明治時代から先の大戦まで、西表島が誇る炭鉱でした。

当時は全国から人を集め、低賃金での長時間労働を強い、あまりに厳しい労働環境下だったこともあり、西表島のジャングルに身体一つで逃げて行った労働者が多くいたとされています。

また、当時の西表島はマラリアが蔓延していたこともあり、この宇多良炭鉱史跡で働いていた方々の多くは、この地で亡くなられたという記録もあります。

現在は経済産業省により「近代化産業遺産群」に認定されており、宇多良炭鉱史跡までの道のりも整備されています。かつての人々の暮らしに思いを馳せながら、浦内川近くに位置するこの歴史遺産に訪れてはいかがでしょうか?

7.渓流釣り

浦内川は海水や淡水が混ざっており、またその亜熱帯地域の特色も相まって、非常に豊富な種類の魚を釣ることができます。

チヌやイセゴイ、ゴマフエダイ、アジ、ヒメツバメウオ、ジャングルパーチなど、沖縄ならではの釣りを楽しむことができます。

また、主にマングローブ帯のところをピンポイントで狙っていくこともあり、ルアーフィッシングをされる場合にはある程度の腕が必要になります。魚の保護のため、規制をかけられているとのことで、自然を尊重し、ルールを守って釣りをするようにしましょう。

8.浦内川とサメ

浦内川には海水が上がってくることもあり、時にはサメが迷いこんでくることもあります。ジャングルクルーズをしながら、ヒレをサメっぽく水面に出していることもあるそうです。

また、あくまで川であるので、大きなサメは侵入することができないようで、実際に浦内川に入ってくるサメのほとんどは子供のサメのようです。

サメと聞くととりあえず身構えてしまいますが、特に襲ってくるようなことはないようなので、もし実際に出会うことがあれば鑑賞してみましょう。

9.浦内川までのアクセス方法

浦内川は西表島の北部に位置しています。石垣島の港から西表島の上原港・大原港へ到着してから送迎バスまたはレンタカーで行くことができます。

近い港は上原港になりますので、浦内川への観光が目的であるのなら、石垣島からは上原港へ行くようにしましょう。

また、有名なリゾートホテルリゾナーレへも直接の送迎バスが出ており、のんびりと西表島観光を予定している場合には、リゾナーレへの宿泊を検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?浦内川は美しい自然を擁する西表島の中でも是非観光しておきたい観光名所となっています。

美しい滝と渓谷を擁する浦内川では、ジャングルクルーズだけでなく、キャニオニングやトレッキング、カヌーや釣りなど、川ならではのアクティビティを心行くまで満喫することができます。

また、浦内川付近のジャングルでのトレッキングは、普段の日常から離れ大自然を近くに触れることによって癒しがもたらされること間違いなしです。

西表島観光を計画されていらっしゃる方は、是非浦内川でのジャングルクルーズ、並びに周辺アクティビティや観光スポットを楽しんでいってください。

スポンサーリンク

Check Also

ddecc9e26c7f25d8ea91775aafb98a42_s-640x330

沖縄・石垣島旅行を100%満喫する人気観光・ホテル・食事・お土産情報

沖縄・石垣島といえば、エメラル …