Home / 沖縄グルメ / 沖縄県浦添市で食べられる絶品ランチ6選
5c22812f9b5529f3db877cdd36c2ccc2_s

沖縄県浦添市で食べられる絶品ランチ6選

3jpg沖縄料理のランチ
那覇市に隣接する浦添市(うらそえし)。那覇空港からは車で25分ほどとアクセスも抜群。歴史的には、12世紀からの約220年間、浦添グスクを中心に琉球王国の首都として栄えた古都でもあり、最近では、ヤクルトの一軍キャンプが行われることでも知られています。

また、市内には米軍基地があり、アメリカ文化が日常の中に溶け込んでいて、沖縄で有名なブルーシールアイスクリームの第1号店、牧港本店があるのもこの浦添市です。

今回は、そんな浦添市の人気ランチグルメをご紹介します。ぜひ、浦添散策の途中に立ち寄ってみてくださいね。

スポンサードリンク

沖縄唯一!やんばる地鶏を使った「鶏そば屋いしぐふー」

62669fdfe21aa9495276f0535032005a_s
名護で創業した「いしぐふー」は、沖縄本島に6店舗、石垣島に1店舗の計7店を展開する沖縄そばのお店。特徴は、各店舗ごとに、アグー豚の出汁、カツオ出汁といった出汁の違いやメニューに違いがあることです。

浦添市に店を構える「鶏そば屋いしぐふー」の特徴は、沖縄県の北部、やんばる地方で育った“やんばる地鶏”をじっくりと煮込んでとった旨みたっぷりの鶏ダシ!カツオだしが一般的な沖縄そばの中にあって、かなり異色の存在です。

そんな自慢の鶏ダシの効いたスープはあっさりとした中にも、しっかりとしたコクがあり、ほどよい塩気が病みつきになると評判。あわせる麺は、中太ちぢれ麺。もちろん自家製で、もちもちとした食感とコシがスープとの相性抜群です。

お店イチオシの「特選そば」には、照り焼き風のタレをぬり香ばしく炙った鶏もも肉と、塩こしょうで味付けし柔らかく仕上げた胸肉がトッピングされています。

〆におすすめなのは、「温泉たまごかけご飯」。最初の半分は、しょうゆをさっとたらしてそのままいただき、残りの半分は、鶏そばの残ったスープでお茶漬け風にするのが美味です。この2度の味わいを楽しめる温泉たまごかけごはんはなんと100円!

<鶏そば屋いしぐふー>
【住所】沖縄県浦添市港川2-13-6 カンサスストリート40番
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】月曜日
【問い合わせ】098-879-7517

海の幸がテンコ盛り!「海鮮食堂 太陽」

5c22812f9b5529f3db877cdd36c2ccc2_s
浦添市牧港漁港で新鮮な海の幸をたっぷり盛った漁港飯が頂ける「海鮮食堂 太陽」。イチ押しメニューは「海鮮ティーダ丼 850円」。イカ、マグロ、海ぶどう、白身魚、甘えび、ウニなど海の幸がたっぷりのった海鮮好きにはたまらない一品。

見た目のインパクトとおいしさがたまらない「エビだけ天丼 大 1,000円」もおすすめメニュー。サクサクに揚げた7匹のエビを豪快に盛ったとっても贅沢な天丼です。

このほか、沖縄料理定番の沖縄そばや三枚肉そば、海鮮料理の定番のマグロ丼やマグロ漬け丼、家庭の味を楽しめる魚煮付け定食、魚バター焼き定食などもあります。

<海鮮食堂 太陽>
【住所】沖縄県浦添市牧港5-22-2
【営業時間】11:00~16:00
【定休日】月曜日
【問い合わせ】098-875-7744

スパイシータコライスが人気「CORDE」

db25e606cd864351bb47c7cc8c5fc0d7_s
可愛らしいタコライス専門店「CORDE(コルデ)」。移動販売のお店として人気を集め、“お客さんにゆっくりと座って食べてほしい”とお店を構えることに。

評判の看板メニューは「オリジナルスパイシータコライス」。なんと500円!6種のスパイスをブレンドしたタコスミートと、トマト、チリソース、ニンニク、ショウガなどを絶妙の配合で仕上げた手作りサルサソースが味の決め手になっています。

<CORDE (コルデ)>
【住所】沖縄県浦添市港川2-7-5
【営業時間】10:00~18:00/日曜のみ11:00〜15:00
【定休日】水曜・祝日
【問い合わせ】098-894-2252

スープカレーが専門!「カレー専門店Hally’s」

前田小学校の近くにあるスープカレー専門の「カレー専門店Hally’s」。チキン野菜カレー、チーズハンバーグカレー、シーフードカレーなど種類も豊富で、男性も大満足のボリュームもバッチリです。

辛さも甘口から危険度100%という超超辛まで、7段階!チキン野菜カレーには、沖縄らしく揚げたゴーヤもトッピングされていて、いいアクセントになっています。

<カレー専門店Hally’s >
【住所】沖縄県浦添市前田4-4-22
【営業時間】12:00~15:00/18:00~21:00
【定休日】日曜・祝日
【問い合わせ】098-874-5336

白濁したスープが美味「てだこ」

浦添市図書館の近くにある沖縄そばのお店「てだこ」。前日の夕方から翌日の朝にかけて長時間コトコト煮込んだ豚からとった白濁スープが特徴。コッテリした見た目とは裏腹に、あっさりしています。

そんなスープを使った沖縄そばのメニューは多彩。とろっとろに煮込んだ三枚肉や軟骨がのった沖縄そば、ソーキそばといった定番メニューのほか、マーボー風のトーフそば、よもぎが練りこまれた緑色の麺のよもぎそば、ムジ(田芋)そば、黒米そばなどがラインナップしています。

<てだこ>
【住所】沖縄県浦添市仲間1-2-2
【営業時間】11:00~20:00(売切れ終了)
【定休日】月曜日
【問い合わせ】098-875-5952

沖縄で世界グルメ旅!「OIC食堂」

925eb2af8de817232e4cd962fe3ee1f0_s
JICA沖縄国際センターの中にある食堂、その名も「OIC(オイシー)食堂」。海外からのJICA研修員向けに置かれた食堂で、世界各国の料理がお得な値段で食べられると評判。もちろん、一般の方も利用可能です。

メニューは、世界各国からやってくる研修員にあわせ、それぞれの国の食習慣や宗教に配慮した3種類の日替わりメニュー(600円)のほか、研修員の祖国の独立記念日にはその国にちなんだ特別料理(500円)が登場します。

例えば、韓国の「プルコギ」、ウイグルの鶏肉煮込み「ダーバンジー」、台湾のナスと豚肉のみそ炒め「ロウジャンチェズ」、フランスの「白身魚のソテーグリーンマスタードソース」などバラエティ豊かな世界グルメをお得な価格で堪能できます。

また、定期的に(第3水曜日のランチ、第4金曜日ディナーなど)バイキングも開催しているそう。

ちなみに、OIC(オイシー)食堂のOICは、センター名「Okinawa International Center」の頭文字“OIC”をとったものなんだとか。

<OIC(オイシー)食堂 >
【住所】沖縄県浦添市字前田1143-1 JICA沖縄国際センター 厚生棟
【営業時間】12:00~14:00(L.O.13:30)/18:00~20:00(L.O.19:30)
【定休日】無休
【問い合わせ】098-876-6000

番外編!小腹が空いたら…売り切れ御免の手作り肉まん

d109d920525e478d4df76a61917ecf1a_s
いかがでしたか?浦添グルメの数々。今回はランチ中心にご紹介しましたが、ちょっと小腹が空いたときやゆっくりランチをとれない時などにぴったりなのが、「タンタン(Tang Tang)」の手作り肉まん!

「タンタン(Tang Tang)」は、浦添市の浦添市民球場に続く学園通り沿いにあるテイクアウト専門のお店。看板メニューの手作り肉まんは、沖縄県産の豚肉とタマネギ、タケノコなどで作った餡をたっぷり包んだフワフワアツアツの大きめサイズ。売り切れにならないうちに、予約して買いにいくのが良いでしょう。

レモンシロップをかけていただく、デザートの杏仁豆腐も人気です。

<タンタン(Tang Tang)>
【住所】沖縄県浦添市城間4-42-6 1F
【営業時間】10:30~19:00
【定休日】日曜
【問い合わせ】098-878-8835

ぜひ、今回の情報を参考に、浦添グルメを堪能してくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

eyecatch

幻の島?!沖縄に行ったら浜島へ!

あなたは石垣島から行ける島、「 …