Home / 沖縄体験 / 「うちなんちゅ」って何?うちなんちゅの意味と使い方
hello-1907233_1280

「うちなんちゅ」って何?うちなんちゅの意味と使い方

shop-990443_1280

沖縄の観光地に行くとよく看板などで見かける“めんそーれ=いらっしゃい”など、沖縄にはオリジナリティ溢れる独特の方言があります。この沖縄方言は「ウチナーグチ」といわれ、沖縄の人たちがゆるやかなイントネーションで“ウチナーグチ”話せば、なんとも味わい深い、のんびりとした沖縄らしい雰囲気に包まれます。

そんな「ウチナーグチ」でよく耳にする言葉のひとつが「ウチナンチュ」。これはどういう意味で、どんな時に使うかご存知ですか?

そこで今回は、この「ウチナンチュ」などの沖縄方言について紹介します。きっと、沖縄で使ってみたくなりますよ!

スポンサードリンク

ウチナンチュとは?

hibiscus-787030_1280

「ウチナー」とは、「沖縄」の意味。「~ンチュ」は「~の人」の意味なので、つまり、ウチナンチュとは「沖縄の人」のこと。しかし、より正確にいうと、ウチナンチュとは「沖縄の人」の中でも「沖縄本島の人」のことをいい、沖縄本島以外の沖縄県に住んでいる、宮古諸島、八重山諸島などの人たちは「ウチナンチュ」とは呼ばないのだそう。

宮古諸島、八重山諸島の人たちは、沖縄本島に行くことを「沖縄(ウチナー)に行く」というように、沖縄本島と自分たちを区別していて、もし「ウチナンチュ」と呼ばれたら違和感を感じるといいます。

ちなみに、沖縄本島以外の沖縄県の人たちはその島の名前で呼びます。例えば、八重山の人は「イェーマンチュ」、宮古の人は「ナークンチュ」というように…。

そして、沖縄本島とは位置的に離れているため当然といえば当然ですが、方言にも違いがみられ、八重山諸島には、「ヤイマムニ」と呼ばれる八重山方言、宮古島には、「ミャークフツ」と呼ばれる宮古島方言があります。

それでは、ウチナーグチ(沖縄本島)・ヤイマムニ(八重山諸島)・ミャークフツ(宮古島)の違いがわかる言葉をいくつか挙げてみましょう。

・いらっしゃい
めんそーれ(ウチナーグチ)
おーりとーり(ヤイマムニ)
んみゃーち(ミャークフツ)

・お元気ですか
がんじゅやみせーみ(ウチナーグチ)
みしゃーろーるんさー(ヤイマムニ)
がんずーかりうまんなー(ミャークフツ)

・おはようございます
うきみそーちー(ウチナーグチ)
くよーなーら(ヤイマムニ)
しゃーかんからやー(ミャークフツ)

・ありがとう
にふぇー でーびる(ウチナーグチ)
にぃふぁいゆー(ヤイマムニ)
たんでぃが~たんでぃ(ミャークフツ)

ぜんぜん違いますよね。

また、ウチナーグチで那覇のことを「なーふぁ」というそうですが、「なーふぁー」と伸ばすだけで、那覇のことを少しバカにしているような言い方になるそうなので、使うときは、注意しましょう。

沖縄以外の日本人を何と呼ぶの?

craft-677989_1280

ウチナンチュに対して、沖縄以外の日本人は、「ヤマトゥンチュ」、「ナイチャー」と呼ばれます。「ヤマトゥ」とは日本の古称「大和」からきた言葉で、一方のナイチャーとは、一説によると、太平洋戦争の際、沖縄に来ていた日本軍の兵隊が日本本土の故郷を「内地」と呼んでいたことに由来しているといわれています。

沖縄とそれ以外の日本を分ける呼び名は、沖縄がかつて独立国、琉球王国として栄えていた歴史からきたものといえるでしょう。中には、「ナイチャー」と呼ばれることに、差別的な意味合いを感じてしまう人もいるそうですが、沖縄の人たちは特に深い意味はなく、古くからの習慣で呼んでいるだけのようなので、気にしすぎないほうが良いでしょう。

このほか、ナイチャーの中でも「シマナイチャー」と呼ばれる人もいます。2つの意味があって、一つ目は、沖縄以外の場所で暮らしている沖縄出身の人が、沖縄に帰った時、友人の前などで都会人ぶったときの呼ばれ方です。これは、沖縄に関わらず、どの地域でも都会に出た人たちは、地元に帰ると、“チクリ”と嫌みをいわれたりしますよね。

2つ目は、まったく意味が変わって、他県の出身者で沖縄に移住してきた人のことをいうそうです。観光客のナイチャーと区別するためにも、移住者の中には「シマナイチャー」と自ら言う人もいるんだそう。ウチナンチュではない移住者たちの新しいアイデンティティの表れかもしれません。

お好みのタイプは塩顔?しょうゆ顔?ウチナージラー?

先ほど、「ウチナー」とは「沖縄」という意味だと紹介しましたが、このウチナーを使った言葉をもうひとつ。それは、「ウチナージラー」。ジラーとは、「顔」、「~風」という意味があり、ウチナージラーとは「沖縄顔」という意味なんだそう。

どんな顔かというと、目が大きくて二重、そして、まつげが長く、ジーグルー(日焼けの程度に関わらず元々肌が浅黒い)な顔を指します。いわゆる縄文人や南方系と呼ばれる系統の顔。芸能人や有名人でいうと、お笑い芸人のガレッジセールのゴリさんや、ゴルファーの宮里藍さんなどがそう。2017年は「ウチナージラー」ブームがやってくるかも!?

世界に広がる「ウチナンチュ」

human-1375473_1280

沖縄には5年に一度、沖縄にルーツをもつ、つまり、ウチナンチュの血を受け継ぐ海外の日系人が大集合する『世界のウチナーンチュ大会』という大規模なイベントがあるのをご存知ですか?このようなイベントができるのは、かつて沖縄が日本有数の移民県だったから。

ではなぜ、沖縄は移民が多いのでしょうか。

そもそも沖縄は、14世紀から16世紀に栄えた琉球王国だったころから、日本本土や中国の明、マレー半島のマラッカ王国、パタニ王国、タイのアユタヤ王朝など東南アジア諸国と活発に交易を行うなど、海外に積極的にでかける、海外とのゆかりのある土地柄でした。

その後、明治政府により琉球王国が解体され、日本に統治されるようになると、本土と同じように沖縄でも移民政策がとらるようになり、ウチナンチュたちはハワイ、南米ペルー、ブラジル、アルゼンチンなどの世界各国に旅立ち、海を渡りました。

river-1754862_1280

第二次世界大戦前までの沖縄県からの移民数の合計は、7万5千人以上で、全国の移民総数の10%以上を占めるほどだったといいます。

こうして、ブラジルには戦前、戦後を通じ約21,000人が、アルゼンチンには約7,000人が、ハワイへは約2万人が沖縄から移住しました。現在、世界の沖縄系移民は、3世、4世まで含めると約32万人といわれ、中でもペルーでは、現在暮らしている約80,000人の日系人うち、約70%が沖縄にルーツを持つといわれているほどです。

そんな世界中に住むウチナンチュたちが5年1回、沖縄に帰って来るお祭りが『世界のウチナーンチュ大会』です。世界23カ国2地域から約5,200人のウチナンチュやその子孫である2世、3世たちが沖縄に一斉に里帰りします。

『世界のウチナーンチュ大会』は10月の5日間開催され、 那覇市の国際通りを参加者たちがパレードしたり、世界エイサー大会、空手道・古武道交流祭といった沖縄伝統の武道・芸能を通じた交流を行ったり、沖縄に暮らすウチナンチュも一緒に総勢30,000人でカチャーシーを踊り盛り上がるんだそう。

こうしたお祭りができるのも、海外に移住したウチナンチュたちが、ウチナンチュとしての誇りを子孫たちに伝えていったから。国を離れても、脈々と受け継がれるスピリットこそがウチナンチュそのものなのでしょう。

「ウチナンチュ」のまとめ

いかがでしたか?沖縄方言の「ウチナンチュ」という意味、わかりましたか?ウチナンチュと一言で言っても、幅広い意味にとれば、世界中に暮らす沖縄にルーツをもつ人たちを指し、狭い意味にとれば、沖縄県の中でも沖縄本島の人たちのことを指すようです。

それに対して、沖縄以外の県に住む人は「ヤマトゥンチュ」、「ナイチャー」と呼ばれ、最近では、他県の出身者で沖縄に移住してきた人を意味する「シマナイチャー」という言葉もあるそう。

ぜひ、沖縄を訪れた際には、独特のリズムの沖縄方言=ウチナーグチに耳を傾けてみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

%e4%bc%8a%e6%b1%9f%e5%b3%b6

伊江島でとことん体験しよう!伊江島の魅力的な体験観光

「せっかく沖縄に来たのだから観 …