Home / 沖縄グルメ / 八重瀬町の魅力とおすすめ観光スポット、絶品グルメ
離島

八重瀬町の魅力とおすすめ観光スポット、絶品グルメ

沖縄県の南部、糸満市と南城市に挟まれる町「八重瀬町(やえせちょう)」。のどかな農地と広々とした住宅街が広がり、人の少ない静かな海を有するエリアです。沖縄ののんびりとした風景を見られる町でもあり、那覇近郊のベッドタウンにもなっています。また、ゆっくりとしたい沖縄旅行にもうってつけの場所。

今回は、沖縄南部エリアの八重瀬町についてご紹介。ハーレーやエイサーなど地域活動も活発な八重瀬町は、訪れる時期によって違う楽しみ方ができます。八重瀬町の魅力ある観光スポットや、絶品グルメを味わってみて下さいね。

スポンサードリンク

1.八重瀬町の魅力

農業が盛んな八重瀬町は、サトウキビ畑だけではなく、紅芋やマンゴー、ドラゴンフルーツなど沖縄を代表する特産物が豊富です。それだけではなく、沖縄最古と言われるシーサーや、かつて沖縄の地に生きていた「港川人(みなとがわじん)」の化石が見つかるなど、魅力も満載なんです。八重瀬町に行きたくなる素晴らしい魅力をご紹介します。

魅力①沖縄最古のシーサー

df1e98dfc342d4565d0ae6a75c6758a2_s

「富盛の石彫大獅子(ともりのいしぼりうふじし)」と呼ばれるシーサーは、八重瀬町の勢理城(じりぐすく)にあり、沖縄で最大かつ最古の石獅子像です。高さ1.54m、幅50cmもあるシーサーは、1689年に町の守り神として置かれたものと言われています。

沖縄戦の砲弾をあびながらも崩れることなく、今も立派な姿を魅せてくれます。沖縄県の有形文化財でもあり、八重瀬町だけではなく、沖縄が誇る歴史的な獅子像です。八重瀬町が誇る魅力のひとつと言えるでしょう。

魅力②港川古代人遺跡

ec5f78f6356f01b00eaa1271c609f9e2_s

以前、古代人の化石が発掘された「港川古代人遺跡」は、旧石器時代の「港川人」が発掘された場所です。港川人は2万2千年前に沖縄の地で生きていた人類とされており、日本本土の縄文人とは異なる研究結果がでています。オーストラリアやニューギニアの祖先に近く、沖縄の地はどのようにやってきたのかロマンを感じますね。

港川古代人遺跡は私有地内のため、見学には事前予約が必要となります。採石のために掘り進めたフィッシャー(琉球石灰岩の割れ目)に突如現れた古代人は、沖縄では唯一ここだけで発見されています。八重瀬町の具志頭(ぐしかみ)歴史民俗資料館では、港川人のレプリカなどを見ることができます。遺跡の発見により“港川人の里”となった八重瀬町、思わぬ魅力で魅了してくれますね。

具志頭歴史民俗資料館
住所:沖縄県島尻郡八重瀬町字具志頭352
問合せ:098-835-7500

魅力③八重瀬町の伝統行事

 

4b3f38c0c7cce1c756f2103990134a5a_s

地域活動が盛んな八重瀬町は、エイサーやハーレー、さくら祭りなど1年に行われる伝統行事が盛りだくさん!1月~2月のカンヒザクラが咲く頃には“やえせ桜まつり”、旧暦5月4日のユッカヌヒーには“港川ハーレー”、過ごしやすくなる季節の10月には“やえせまつり”、“青年エイサー祭り”が開催されます。

沖縄の伝統行事は目新しいものばかりで、観るだけでも楽しめます。イベントシーズンに合うなら、ぜひ八重瀬町の盛り上がる1日を見学してみて下さいね。

2.八重瀬町のおすすめ観光スポット

自然が残る静かな八重瀬町は、ゆっくりと見て周れる観光スポットがたくさん!町並をドライブするだけでも楽しめますが、おすすめの観光スポットを周ってみてはいかがでしょうか。南部の自然を満喫してみましょう!

1.玻名城の郷ビーチ

6d0ac7391217af967dd23c271f9c1dda_s

あまり知られていない「玻名城の郷(はなしろのさと)ビーチ」は、サザンリンクスゴルフクラブの隣にある自然のビーチです。観光ビーチや管理されているビーチではないため、自然のままが残り、干潮時には潮だまりにいる海水魚の鑑賞や、満潮時にはシュノーケリングも楽しめます。砂浜も岩場もあり、手付かずの自然を楽しみたい人におすすめです。

駐車場はありますが、その他の施設は一切ないため、事前に飲み物や食べ物を購入しておきましょう。観光客もあまり訪れないため、人のいないビーチを独り占めできるかもしれませんよ。

住所:沖縄県島尻郡八重瀬町字玻名城
アクセス:サザンリンクスゴルフクラブからクラブハウスを抜け、道を下る。

2.ギーザバンタ(慶座絶壁)

玻名城の郷ビーチと同じく、サザンリンクスゴルフクラブから歩いていける距離にあるギーザバンタ。断崖絶壁の険しい壁と沖縄の美しい海が絶景で、干潮時には浅瀬の散策もできる場所です。慶座地下ダムから溢れた水が滝のように海に流れ込み、沖縄でも珍しい光景が見られます。

沖縄ならではの自然美を体感できるところですが、戦時中には激戦地となり、多くの人々が命を絶った悲しい歴史もあります。スーサイドクリフとも呼ばれたギーザバンタは、沖縄の歴史を感じ、今の平和な姿をも再確認させてくれるでしょう。玻名城の郷ビーチと併せて訪れてみて下さいね。

住所:沖縄県島尻郡八重瀬町字玻名城

3.八重瀬公園

e71e093c1b0829bbb9ee71cac4e98241_s

八重瀬岳にある八重瀬公園は、見晴らしの良い気持ち良い公園です。琉球王朝が誕生する前の三山時代、八重瀬按司の居城であった八重瀬跡内にあります。展望台からは那覇の町並や遠く東シナ海を一望できます。沖縄の桜の時期、1月~2月頃には500本ほどの寒緋桜が咲き、花見の名所にもなっています。

静かな八重瀬町ならではの自然があり、のんびりとピクニックするにもおすすめ。桜の時期にはぜひ訪れてみて下さい。富盛の石彫大獅子もすぐの距離にありますよ。

住所:沖縄県島尻郡八重瀬町字富盛1607

3.八重瀬町のおすすめ絶品グルメ

沖縄旅行に来たら食べたい沖縄グルメ。沖縄の人々の生活が根付く八重瀬町には、おすすめのグルメ店が盛りだくさん!今回は、その中でもイチオシのお店を3つご紹介します。八重瀬町観光なら八重瀬町グルメを存分に堪能して下さいね♪

7183c5daa757bd2e0ced8b1cd2f22db5_s

1.屋宜家

昔の琉球古民家を訪れてみたい方にピッタリのグルメ店「屋宜家(やぎや)」。赤瓦の屋根に目隠しのヒンプン、屋根の上にちょんと乗るシーサーは、思い描いた沖縄の風景を見せてくれます。戦後に建設された古民家ですが、店内は古さを感じさせません。2009年には国の有形文化財にも指定されました。

こちらでおすすめなのは、“アーサそば”。沖縄特産のアーサを麺に練りこみ、スープの上にもどさっと乗ったアーサは、そば全体を磯の香りで包んでくれます。アーサの風味を思いっきり楽しめるアーサそば、八重瀬町でまず召し上がって欲しい絶品グルメです。

住所:沖縄県島尻郡八重瀬町大頓1172

2.ニシムイそば

ニシムイ西森美術で提供される「ニシムイそば」。北海道出身のオーナーが沖縄に移り住み、美術館を開き、気軽に訪れることができるように、と始まったのがニシムイそばです。沖縄そばと言えば透明なダシの効いたつゆが一般的ですが、ニシムイそばはお肉と野菜の旨味がたっぷりと詰まった白濁スープ。その美味しさに何度も訪れるリピーターも多いんです。

さらに、食後にはミニ沖縄ぜんざいとコーヒーが頂けるサービスがあり、ゆっくりとランチを楽しみたい時におすすめです。もちろん、オーナーが手がけるアート作品も鑑賞していって下さいね。

住所:沖縄県島尻郡八重瀬町字東風平1013-9

自然の魅力!八重瀬町のおすすめ観光スポット&絶品グルメ

いかがでしたでしょうか。今回は、沖縄の南エリアにあるのどかな町・八重瀬町をご紹介しました。南部エリアの有名観光地に挟まれる八重瀬町は、ついでに立ち寄って欲しい町でもあります。まだ知らない沖縄の魅力を、またひとつ見つけてみて下さいね。

スポンサーリンク

Check Also

pineapple

パイナップルハウスで沖縄特産のパイナップルを堪能しよう!

沖縄といえばトロピカルフルーツ …