Home / 沖縄観光 / 夏の八重山をもっと楽しむためのアクティビティーをご紹介
01

夏の八重山をもっと楽しむためのアクティビティーをご紹介

01

八重山とは、東京からおよそ2,000km、沖縄本島那覇からは約400kmの場所にある 日本最南西端の島々のことを【八重山諸島】と呼びます。

八重山諸島は、「石垣島」「竹富島」「小浜島」「黒島」「鳩間島」「波照間島」「新城島(パナリ)」「西表島」「由布島」そして日本最西端の「与那国島」の合計10の有人島から成っています。八重山諸島の島々は、豊な自然がそのまま残っており 島ごとにオリジナリティーあふれる魅力がいっぱいの場所です!

今回は、そんな八重山諸島の自然を満喫できるアクティビティーの数々をご紹介します。

スポンサードリンク

石垣島

沖縄本島那覇空港から飛行機で約50分の場所にある【石垣島】は、八重山諸島の経済、行政、観光の中核を担い、各離島へのアクセスの起点となる「八重山の玄関口」となっている場所です。

2013年に「新石垣空港」(「南ぬ島(ぱいぬしま ) 石垣空港」が開港した事で、東京や大阪などからの乗り入れ数も増え、ますます便利に訪れる事ができるようになった人気の離島です!

まず最近人気が高くなっているのが、通称【SUP(サップ)】と呼ばれている「スタンドアップパドルボード」。通常のサーフボードよりも大きく、安定したボードの上に立ちパドルで漕ぎながら簡単に水面を散歩する様に移動できるスポーツです。バランス力や足腰が鍛えられるので 海外ではフィットネスとして多くの人が楽しんでおり、日本でも人気がでてきています。

この【SUP】で、波の少ない川をゆっくりと漕ぎすすめていくアクティビティーは、自分のペースでゆったりと進む事ができ、マングローブの森に生息する生き物や、雄大な景色、鳥のさえずりや風の音、静かに沈む夕日など、石垣島ならではの大自然を満喫する事が出来る初心者でも安心の人気のアクティビティーです。

そして石垣島では ナイトツアーもおすすめです。夜灯が殆ど無い石垣島では、「天文学者が選ぶ星空スポットNo1」を誇る満点の星空を 海の真ん中で「カヤック」の上に寝転びながら見られるツアーや、「ナイトシュノーケリング」で波の音しか聞こえない静寂な海に仰向けに浮かびながら夜空を観察できるツアーなどがあり、都会では決して見る事のできないこぼれ落ちそうな数の星やくっきりと浮かび上がる天の川を観察する事ができます!

また、海洋性プランクトンの「夜光虫」が見られる事でも有名な石垣島では、暗闇の中で パドルを漕いだ水しぶきや泳いでいる時の水の刺激に、海面を青白く輝かせる幻想的な世界が広がります。

季節限定ですが、3月中旬~6月中旬には、日本で一番小さな【ヤエヤマボタル】を見る事ができます。日没後の30分程しか光らないというこのホタルは、その時その場所に居ないと見る事が出来ない貴重なホタルですが、運がいい時には数百匹に囲まれることもあり 気が付くと辺り一面ホタルの光りで覆われているといった感動的な光景に遭遇できます!

石垣の夜だからこそ見る事が出来る、美しい光景を是非体験してみてください!

02

西表島

石垣島から高速船やフェリーで35分~45分の場所にある【西表島】は、島の9割が亜熱帯の森で覆われています。特別天然記念物の「イリオモテヤマネコ」をはじめ 鳥類・植物・昆虫など学術的にも希少な動植物が生息し「東洋のガラパゴス」とも呼ばれ国立公園に指定されています。

そんな自然豊かな西表島には、冒険心くすぐるようなツアーが沢山あり 日本有数のどこまでもつづくマングローブの森をカヌーでゆったり散策したり、大小さまざまな大迫力の滝をトレッキングで探検したり 自然のアスレチックの様な場所で思いっきり楽しむ事ができます!

西表島でオススメなのが、沖縄最大の落差55mを誇る【ピナイサーラの滝】を楽しめるプログラム。ピナイとは方言で「ヒゲ」サーラは「下がったもの」という意味で、老人のヒゲのように白く下がった滝の風情を表しています。

この場所へは、マングローブの森を眺めながら 静かに流れる川をカヌーでゆったりと進み、その後 ジャングルトレッキングで標高100m以上の滝上へ!滝の上からは 雄大な森と 青く輝く海そして鳩間島・バラス島・鳩離(はとばなれ)島を一望できる絶景が広がります!滝の上を堪能した後は、滝壺に下りて泳いだり滝に打たれたり… 全身で亜熱帯の大自然を体感できるすばらしいツアーです!

西表ならではの【キャニオニング】も人気のアクティビティーのひとつです。日本ではまだあまり馴染のないこの遊びは、ヨーロッパや外国では人気のあるアクティビティーで、ライフジャケットを着用して川の中に入り、身体ひとつで流れにのっていく渓流くだりです。

ゆったりした川の流れに乗ってのんびりぷかぷかと 天然の流れるプールに身を任せる渓流くだりは、ここでしか味わえないとても不思議な楽しい体験です!浮かぶだけでは物足りないという方は、滝壺(シャワーホール)で滑ったり飛び込んだりしてアクティブに楽しむ事もでき、大人から子供まで一緒に楽しめるのでおすすめのアクティビティーです!

03

幻の浜島

小浜島と竹富島のほぼ中間の場所には、干潮の時だけ 白い砂浜が細い三日月形に現れ、満潮時には海中に沈んでしまう 幻の島【浜島(はまじま)】があります。浜島への定期船は就航しておらず、上陸するにはツアーに申し込みをする必要がありますが、石垣島からボートで約30分、小浜島からは約15分で行く事ができます。

この島は、潮流によって集められた砂だけで出来ていて、日々形が変化しています。満潮時には完全に海に沈んでしまう為、上陸のタイミングによっては島にまだ足跡がないうちに上陸するという、ステキな経験が出来る事もあります!

島の周辺は、遠浅の砂浜になっており 海で遊ぶのが始めての方や小さいお子様連れでも安心して遊ぶ事ができます。透明度の高いエメラルドグリーンの海と真っ白な砂のコントラストがとても美しい、 360度視界を遮る物が何もない場所で、海水浴を楽しんだり 砂浜をのんびりと散歩しながら貝殻や珊瑚のかけらを集めたり、砂浜に腰かけて海水に浸かりボーっと景色を眺めているだけでも とても幸せな気分になれる その場に居るだけで癒される最高の場所です!

浜島でオススメなのは、なんといてもシュノーケリング! およそ20m先まで見渡せる透明度の高い海中には、400種類を超える珊瑚が生息していて、色とりどりの珊瑚礁群に集まる数多くのカラフルな熱帯魚を間近で観察する事ができます!「国立公園」に指定されているこの島の海の中は、まさに虹色の世界!一生の思い出になる事間違いなしです。是非、防水のカメラを持ってこの素敵な海の中を覗いてみてください!

この浜島へ渡してくれるツアーは数多くあるのですが、ショップによっては「船上バーベキュー」のオプションが選べるツアーもあります!最高の海で思いっきり泳いだ後は、この素晴らしい景色を見ながら船の上でバーベキューを楽しめる!とても贅沢な遊びのできるこちらのプランもおすすめです。

04

魅力的な島々

今回ご紹介した以外にも、のどかな沖縄の原風景が魅力の小さな島【竹富島】、NHKの朝ドラ「ちゅらさん」の舞台となった、美しい海とサトウキビ畑が広がる【小浜島】、外周約12.6kmの場所に人口の10倍以上の牛が住む【黒島】、日本最南端の有人島【波照間島】などを周る事ができる、「周遊ツアー」や 八重山の素晴らしい海を全身で感じられる「体験ダイビング」など、豊かな自然を体感できるアクティビティーが沢山あります!何回訪れても新たな感動と出会える素敵な八重山を満喫してみてください!

スポンサーリンク

Check Also

beach-640x330

沖縄北部のおすすめ観光スポット17選と北部のグルメ5選

自然豊かな沖縄北部には、魅力的 …