Home / 沖縄グルメ / 沖縄・与那原町(よなばるちょう)を観光するなら?名所10選!
church-pews-2401405_640eyecatch

沖縄・与那原町(よなばるちょう)を観光するなら?名所10選!

あなたは、沖縄の与那原町をご存知ですか?与那原町は沖縄方言では「ゆなばる」と発音します。沖縄本島の南部に位置し、沖縄の中でもかなりマイナーなところですが、その昔は南部の中心地でした。今は埋め立てで新しい住宅地もでき、それに伴って新しいお店もできてきて、これからが期待される街なのです。

スポンサードリンク

与那原町とは

beach-622233_640yonabaru1

与那原町ってどんな町?

沖縄本島の南東部、面積も沖縄の街ではいちばん小さく、5.02平方キロメートルしかありません。人口は約18,000人。県内1の人口増加率となっています。「太陽とみどり伝統とやさしさを未来へつなぐ海辺のまち」をキャッチフレーズに、未来への街づくりに活気づいている街です。

与那原町の歴史

1949年、3集落が分立して与那原町が誕生。現在では電車が通っていない沖縄ですが、戦前には軽便鉄道が走っており、与那原は南部の街の中心でした。

1996年頃から西原与那原地区の埋め立て事業が着工。マリンタウンとして街の整備事業がはじまりました。

大型MICE もやってくる!

大型MICEって一体何?これはミーティング、インセンティブ、コンベンション、エキシビジョンの頭文字を取ったもの。要するに大型の会議や展示会、見本市などができるインフラを備え、企業などの招待旅行、報奨旅行にも対応できるような街づくりをしようということです。
与那原町では、マリンタウン東浜地区にこれらの施設を建設することを計画中で、規模で言えばパシフィコ横浜の1.5倍くらいの規模になります。それによりビジネスの機会が創出され、イノベーションも生まれます。

スポット・イベントで選ぶ

korean-2422853_640yonabaru2

聖クララ教会

与那原警察署の奥の高台に見える十字のマーク。ここには「聖クララ教会」(与那原カトリック教会)があります。
「教会」というには平屋建てで、それっぽくないのですが、実は1958年に竣工し、設計は京都の建築家片岡献氏ですが、現在ではアメリカ最大の設計事務所である「スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル」が設計を指導したと言われています。

エントランスの花ブロック、中庭もあり、その回りに回廊があります。中庭には花が植えられており、まるで南欧かどこかのシンプルなリゾートホテルのよう。

礼拝室はよくある教会のように暗い感じではなく、片面がステンドグラス入りの窓になっていて、光がさんさんと降り注ぎ、明るくオープンな感じ。ステンドグラスも長方形に色とりどりのガラスが埋め込まれたもので、まるで現代アートのようです。

実は2009年にも改修工事を行い、とても50年以上経った建物だとは思えないほどきれいな建物で、よく整備もされているようです。見学はいつでも快く承諾していただけると思いますが、祈りの場ということを忘れず、マナーをわきまえていれば大丈夫。

なお、この聖クララ教会は名誉ある建築に与えられる「日本近代建築DOCOMOMO100選」にも選出されています。

よなくる

「よなくる」は市内国道329号沿い、野原整形外科裏手の住宅街、知念耳鼻咽喉科の隣にあるカフェ。2013年12月、東京から20年振りに帰ってきた与那原出身のオーナーがオープンさせました。住むために20年振りに戻ってきた与那原は浦島太郎状態で、なんとか地域とつながる方法を見つけたいとオープンさせたのがここ。グルメを提供するカフェというよりは、いわゆるコミュニティーカフェですね。

内装は東京の自由が丘か代々木にありそうなおしゃれな内装。中古マンションをリノベーションしたような白い壁にはカウンター。イームズ風の椅子が置かれています。テーブルとソファが何個かあり、それもちょっとレトロ風。一角には与那原の情報を展示するアンテナスペースもあります。

カフェと言っても利用時間に応じて料金を払うシステムで、コーヒー、紅茶、コンソメスープがセルフで飲め、軽食もありますが、飲食の持ち込みは自由。WifiやiPad、電源の利用は無料、防音ではないですが扉の閉まる自習室もあります。また有料ですがコピーや充電器貸出もあります。

地元の人が病院の時間待ちに利用したり、学生さんが授業の合間に休憩したりと利用頻度は高いそう。電源やWifiも使えるので旅行者にとっても強い味方ですよね。

よなくる
http://yonakuru.jp/

パワースポット 三津武嶽(ミチンダキ)

沖縄には「嶽」という字の祠が多く、パワースポットとされていますが、この与那原にもあります。当時の神の最高位である、聞得大君(きこえおおきみ)が葬られた場所、子宝の神様として祀られています。聞得大君はNHKのドラマ「テンペスト」にも登場するくらいに有名ですが、実は聞得大君とは人の名前でなく「役職名」なのです。この役職は、18代、1944年まで続いていたそうです。

三津武嶽は大きな岩の裏にある小さな祠ですが、ちゃんと看板も立っています。鬱蒼とした樹木が回りには生えており、木漏れ日で一層祠が神々しく見えるとか。

帰り道には与那原を一望できる高台を通りますので忘れずに見て下さいね。

三津武嶽(ミチンダキ)
http://www.town.yonabaru.okinawa.jp/ootsunahiki/bunkazai/06-michindaki.html

美容室通り

街を歩けば美容室に当たる!与那原はとにかく美容室が多い所です。300~400mの間に美容室が8件くらいの割合であるのだとか。美容室の名前もはるこ、まさこ、ふじこなどオーナーの名前を掲げたものも多く、30年、40年と通っている常連さんもいるくらいの老舗美容室が多く、昭和の香りが漂います。

しかも常連さんが髪を切る時だけでなく、ふらっとやってくるとか、パーマやカラーなどで時間がかかる時に、なんとお昼ご飯まで出したり、何か買ってきてあげたりしているのだとか。これはもう美容室というより、街の社交場ですね。人間関係が濃い沖縄ならではの光景ではないでしょうか?

旅行者だとなかなか常連客が多い店には入りづらいですが、ちょっと興味がありますよね。勇気があれば、旅の記念に入ってみるのもいいのではないでしょうか?

運玉森に登る!

運玉森(うんたまもり)沖縄方言では「うんたまむい」という変わった名前の山があります。標高は158m、その昔に「運玉 義留(うんたま ぎるう)」という沖縄芝居に出て来る架空の義賊が住んでいたとされ、1989年には「ウンタマギルー」という映画にもなりましたので、その名前を聞いたことがある人も多いかも知れません。

登山口からは徒歩で15分ほどで登頂できますが、甘く見て軽装で行くと大変!山の土質自体が粘土質なこともあり、雨の後などだとぬかるみ、アフリカマイマイやかたつむり、トカゲ、大きな蜘蛛と結構ワイルドな山の住人にも遭遇できます。そしてもちろん、亜熱帯ならではの珍しい植物なども見ることができます。

登山には長袖、長ズボン、滑り止めがついた靴、そして軍手は必須!それにバッグは斜めがけよりもリュックやウエストポーチのほうがいいとのこと。

晴れて頂上に出ると、そこには国土地理院の「三角点」の標識があり、与那原の景色が一望でき、その向こうには太平洋も見えます。そして南西方向を見ると、街の景色の向こうにもうひとつの海が!沖縄本島の西側に広がる東シナ海もうっすらと見えるのです。

グルメを楽しむ

lincoln-city-1204401_640yonabaru3

支那そばかでかる

与那原でこってりした沖縄料理に飽きたら、ピリッとスパイスの聞いたあっさりラーメンはいかがでしょうか?ワンタン担々麺や、チャーシューワンタン麺が評判の店ですが、とんこつなどのこってり系ではなく、醤油ベースのあっさり系。沖縄という土地柄、こってりな店が多い中で美味しい醤油ベースの「支那そば」は異彩を放っています。
お値段が沖縄平均よりも高く1杯880円くらいしますが、それだけの価値はあるので是非行ってみて下さい。

支那そばかでかる
https://twitter.com/tobasic

ジェフ与那原店

ジェフ与那原店は沖縄色濃い、ご当地ハンバーガー店です。ステーキやラーメン冷やし中華も食べられます。特にゴーヤバーガー、ぬーやるバーガーなどのご当地メニューに注目!リーズナブルなランチメニュー、チキンやスパゲッティメニュー、デザートメニューもあって、どれにしようか迷ってしまうほどです。

ジェフ与那原店
http://www.yonabaru.jp/kigyo/jef/menu.html

いけだ食堂

50種類以上のメニューがある、沖縄大衆食堂。名物はゆし豆腐定食。麸チャンプルも人気。チャーハンとオムライスは太鼓判を押すという人も多いです。昼間はお客さんでいっぱいですが、比較的夜は空いているので狙い目だそうです。
メニューは沖縄メニューの他、食堂の定番メニューもありますが、値段はだいたい600円程度なのが嬉しいです。盛りはメガ盛りなので、男性や育ち盛り世代には嬉しいですね。

洋食堂タロウ

沖縄料理に飽きたら是非、寄ってみてほしいのが、与那原にある洋食堂タロウ。レトロな街の洋食屋さんという雰囲気が人気です。

メニューはビーフシチューが看板メニュー。その他、野菜ソムリエ資格を持つシェフの作る野菜たっぷりの前菜盛りが人気です。その他ワタリガニのパスタは絶品だそう!

洋食堂タロウ
https://www.facebook.com/youshokudoutarou/

香港飲茶・点心 中華料理 金

沖縄に来たのだからと、沖縄名物を食べても数日すると飽きてしまいますよね。そんなときにふと食べたくなるのがいつも食べている中華などですね。中国の方がやっているお店なので味はお墨付き。
ランチだとサラダやスープがセルフでおかわり自由となっていてお得感もバツグン!予算はランチで1,000円、11時までやっているディナーでも3,000円とリーズナブルです。

香港飲茶・点心 中華料理 金
https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470405/47016046/

まとめ

沖縄本島南東部の与那原町をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?埋め立て地区の東側が新興住宅地となり、大型MICE計画も進行中。それに伴い、新しいお店もどんどんできています。その一方で昔ながらの美容院通りがあったりと、レトロと振興が混ざりあった街・与那原町。機会があれば是非、訪れてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

那覇新都心での食事は【バル Co-Lab 那覇新都心店】がおすすめ!

那覇新都心での食事は【バル Co-Lab 那覇新都心店】がおすすめ!

東京・銀座の大人気店「バル C …