Home / 沖縄観光 / 海辺に泊まろう!沖縄・読谷村のおすすめホテル集
eyecatch

海辺に泊まろう!沖縄・読谷村のおすすめホテル集

あなたは沖縄の読谷村に行ったことがありますか?沖縄本島中部にあり、世界遺産の残波岬や座間味城跡、やちむんの里などでおなじみの観光地です。一方で森やさとうきび畑も残っており、自然豊かな所です。

スポンサードリンク

読谷村とは

hotel-1362425_640yomitanhotel1

読谷村は「よみたんそん」と読みます。沖縄の那覇空港からは、約1時間。ホテルなどのシャトルバス、ホテルなどに寄る空港シャトルバスも通っているので、アクセスしやすいところです。

どこにあるのか

読谷村は沖縄本島の中央部、中頭郡に属しており、東海岸に面したところにあります。

どんな村?

日本の村としてはいちばん人口が多く、また、近年人口増加率も全国2位で、約40,000万人が住んでいます。沖縄の焼き物の中心地で「やちむんの里」をはじめ、焼き物をはじめ、染め物、ガラスなどの体験型テーマパーク「むら咲むら」、残波岬灯台、世界遺産の座間味城跡など、観光名所は多いです。

オーシャンビューの楽しめるホテル

beach-975165_640_yomitanhotel2

ホテル日航アリビラ

沖縄を代表するホテルである「ホテル日航アリビラ」。実はこの読谷村にあるのです。
スタンダードのツインでも43㎡の広さがあったりと、快適さはピカイチ。
青の洞窟やクマノミがいる場所をシュノーケリングしたり、体験、ファンダイビングや、サンセットセーリング、グラスボートなど、アクティビティーも充実。ホテルの裏にはニライビーチというプライベートビーチがあります。

ホテル日航アリビラ
https://www.alivila.co.jp/

コンドミニアムモリマーリゾートホテル・ビーチリゾートモリマー

読谷村にある、コンドミニアムタイプのリーズナブルなリゾートホテル。2010年7月に新館ビーチリゾートモリマーがオープン。どちらも全室オーシャンビュー。部屋はきわめてシンプルですが、かなり広く、定員6名で3LDKタイプの部屋もあります。同系列にアメリカンな雰囲気のビーチサイドレストラン「フィッシャーマンズワーフ」があり、豪華なシーフードやステーキが頂けます。

コンドミニアムモリマーリゾートホテル・ビーチリゾートモリマー
http://www.morimar.com/

ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

沖縄のリゾートホテル運営会社、テラスホテルズが運営する、国内では珍しい、ヴィラタイプのホテル。有名な観光地残波岬から400mのところに位置しています。2016年開業と真新しいヴィラです。最低でも88㎡の広さがあるヴィラは、2ベットルーム、プレミアムがあり、最も豪華なプレデンシャルヴィラはなんと256㎡の広さを誇ります。内装はアジアンテイストですがシンプル。快適なヴィラライフを送れそうです。

また、ヴィラに宿泊するゲストはティータイム、サンセットタイムのお茶やカクテル、軽食などの無料サービスに加えてオプションも多数あり、記念日を演出するセッティングやチャータークルージング、プールサイドBBQなど思いのままです。

ジ・ウザテラス ピーチクラブヴィラズ
http://www.terrace.co.jp/uza/

沖縄残波岬ロイヤルホテル

沖縄の景勝地である残波岬まで徒歩3分のところにあるリゾートホテル。日によってはとてもリーズナブルに泊まれるのでファミリーにもおすすめのホテルです。部屋はもちろん全室オーシャンビュー。

プールで遊ぶのはもちろん、ビーチでのマリンスポーツも充実しており、フライボードやバナナボード、ダイビング、シュノーケリング、パラセーリングなどが思う存分楽しめます。また、フィールドスポーツもテニス、ゴルフ、卓球と楽しめます。

沖縄残波岬ロイヤルホテル
http://www.daiwaresort.jp/okinawa/

他にもおすすめのホテル・旅館

beach-2133113_640_yomitanhotel3

ファーストストリート読谷村オーシャンズ

2015年10月オープン。座喜味城跡から1kmの位置にあります。

アパートメントタイプで最大4人まで利用できるので、ファミリーにもおすすめのホテル。ホテルというよりも別荘を借り切った感じといったほうが近いでしょうか。内装はモダンで、トースター、ガスコンロ、鍋、食器もあり、暮らすように泊まることができます。

また、海を眺められる高台にあり、ロケーションはバツグン。屋上テラスにはジャグジーがあり(要水着着用)入りながら海を眺められます。

ファーストストリート読谷村オーシャンズ
http://www.first-street.jp/

コーラルガーデン セブンプールス

那覇空港から車で1時間。海を望む白亜の4階建てホテル。「安いのにおしゃれ」「なんだか楽しいところ」との口コミも多い、コスパの良いホテルです。1階は駐車場、2~4階がベッドルームになっておりますが、内装も白亜でかなりオシャレ!
三線やスタンダップ・パドルのレッスン付きプランなど、宿泊プランもオシャレ。地下にプールがあります。

コーラルガーデン セブンプールス
http://coralgarden7pools.com/

ニライビーチ ヴィラ

ニライビーチから徒歩18分。自炊式の別荘で、オーブン、ポット、電子レンジ付きの簡易キッチン付きです。体験型テーマパーク「むら咲むら」から1.2kmと、観光以外の目的があって長期滞在する時などにはとても便利。ただし、1棟借りなので、仲間を募って下さいね。132㎡、4ベッドルーム、ベッド13台、16人まで宿泊可能です。
敷地面積は500㎡あり、中庭でBBQなどもできます。

ニライビーチ ヴィラ
https://www.airbnb.jp/rooms/12703953

ライフイズ・ア・ジャーニー

共用キッチン、バスルーム共用、ドミトリールームがあるなど、リーズナブルに沖縄に長期滞在したい人にもピッタリ。いわゆるアジアによくあるゲストハウス感覚で、2階建て住宅に間借りしたような感覚になるライフ・イズ・ア・ジャーニー。ビーチまで歩いて20秒とマリンスポーツ好きにはたまらないロケーション!
庭があり、BBQ施設も整っています。

ライフイズ・ア・ジャーニー
http://www.lifeisajourney.join-us.jp/

ホテルむら咲むら

那覇空港から車で80分。体験型テーマパーク「むら咲むら」の中にある、同名のホテル。
2010年オープン。伝統的な沖縄スタイルの赤瓦で白い塀の外観。部屋名はすべて、島袋家、山内家など沖縄によくある名字になっています。最低でも33.7㎡の洋室、または和洋室となっており、落ち着いた雰囲気の内装となっています。食事は沖縄武家屋敷じゃなてぃで、昼は沖縄そば、夜は舞踊を見ながらの沖縄懐石が頂けます。

ホテルむら咲むら
http://hotel.murasakimura.com/

まとめ

いかがだったでしょうか?沖縄中部に位置する読谷村の宿泊施設を中心にご紹介しました。読谷村には、ホテル日航アリビラをはじめ、近年ではジ・ウザテラスをはじめ、新興の本格的ヴィラタイプの高級ホテルができてきました。どこも宿泊だけではなく、マリンスポーツなどができるようにアクティビティーも充実するようにつとめており、宿泊する側としてもとても便利ですね。

それにコンドミニアムタイプや別荘貸し切りタイプの宿泊もできるため、ファミリーや仲間内など大人数で宿泊するときにも便利なのではないでしょうか。

また、「むら咲むら」などの工芸を体験できるテーマパークもあり、より一層滞在が充実しそうですね。是非一度お出かけ下さい。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …