Home / 沖縄観光 / 台湾が見える?日本最西端与那国町の魅力と観光のススメ
f60ee055ea662968353064d9904dafdb_s

台湾が見える?日本最西端与那国町の魅力と観光のススメ

f60ee055ea662968353064d9904dafdb_s

日本最西端の沖縄県八重郡の町。与那国島のすべてが与那国町です。隣接する台湾とは、約111kmの距離のため、年に数回、台湾の山並みが見えることもあります。

荒々しい波が打ち付ける断崖絶壁の景観は、男性的な力強さがあり、自然・文化・歴史すべてが八重山のどの島にもない独特の雰囲気で訪れる人々を魅了しています。

スポンサードリンク

1.与那国町とは?

1.与那国町の人口・面積

1970年台に3000人近かった人口も2010年にその半分近くの1600人まで減ったものの現在では再び2000人台まで伸びてきています。与那国町は与那国島すべてをさしており、島の面積は28.95k㎡、周囲27.49kmの日本最西端の地です。

2.与那国町へのアクセス方法

与那国町である与那国島へは沖縄本島から南西へ約509km、石垣島から約127km、東京から約1,900km。琉球エアーコミューターで沖縄「那覇」~与那国島1日1便、石垣島~与那国島1日3便、フェリーの場合は「フェリーよなくに」を利用し石垣島~与那国島を4時間半で結びます。週4便(2往復)の運行となっています。 石垣発は火・金曜日、与那国発は水・土曜日と、曜日も決まっていて1日1往復しかないため乗り遅れの無いように気をつけましょう。

「フェリーよなくに」
http://fukuyamakaiun.ti-da.net/

3.与那国町へ旅行に行く時の天気の調べ方

与那国町へ観光に行くには飛行機またはフェリーが必須となります。お天気しだいでは与那国島へ渡ることができません。そのため天気予報はしっかりちえっくしておきましょう。以下のサイトでは与那国島地方の週間天気予報のほか、与那国空港の風向き・風速、与那国島マリン情報など、知っておきたいお天気情報の数々がまとめられています。

「与那国島地方の天気予報」
http://www.yonaguni.jp/yonaguni-ishigaki-tenki.htm

2.与那国町と台湾

51b7b63ac5ac52a030ab4fd631d18cbe_s

台湾が見られる日本最西端の碑

与那国町の西崎(いりざき)にある「日本最西端の碑」。東経122度55分59秒、北緯24度26分38秒は日本の最西端にあたり、台湾まではわずか111km。条件が良ければ台湾の山並が見えることもあります。

「日本最西端の碑」の近くには灯台や展望台もあり、ここから見る夕日は日本で最後に沈む太陽なので、のんびりと景色を楽しむにも最適な場所です。ただしトイレ・駐車場は完備されていますが売店はありませんのでご注意ください。

3.与那国町と自衛隊

与那国町の人口に対する自衛隊の割合

cd06a4bdd265105c4c2c2af4aa99f8f7_s

与那国町には陸上自衛隊の駐屯地があります。近隣諸国からの与那国島防衛として置かれているもので、沿岸監視部隊を主体とする160人程度の隊員が駐留しています。その家族を含め、260人の関係者が与那国町に移転しており、与那国町の人口の約15%を占めることとなります。

与那国町の防衛に関する重要性、尖閣問題

台湾までわずか役111km、日本の最西端となる与那国島に住む人々にとって生活のためにも防衛問題から目をそらすことはできません。1990年代、与那国島沖合に弾道ミサイルが着弾したことで地元の漁師たちが操業を見合わせる事態もおきていました。1000隻以上もの外国漁船が尖閣諸島付近で領海侵犯したとされ、その後他国の海軍艦艇が頻繁に確認されています。その中で与那国町は自衛隊誘致をすすめ、安心安全に暮らすために沿岸監視を自衛隊にゆだねています。

4.与那国町のおすすめ観光スポット

海底遺跡

与那国島には海底遺跡があり、ダイビングスポットとして有名です。最近ではグラスボートで海上から見ることができるため人気観光スポットとなっています。海底遺跡は島の南岸にある新川鼻の沖合約100メートルに沈む構造物です。東西約50m以上・南北150m・高さ25~26mの岩礁に、人の手が加わったようなテラスや階段、排水路らしき溝などがあり遺跡のように見えます。はたして人工物なのか、自然に出来たものなのか、いまだ調査中で結論は出ていません。もし人工物だとすれば、水没したのが動植物の分布や鍾乳石から1万年以上前とみられることから、世界最古の古代遺跡ということになります。

東崎(あがりざき)

与那国島の最東端にある岬です。岬の周辺には牧草地があり与那国馬が放牧されています。牧草地に入ることもできますが糞にはくれぐれもお気を付けください。岬の先端には灯台と展望台があり、紺碧の雄大な海の景色とともに西表島がかすかに見えるときもあります。また、断崖絶壁を覗き込むこと、強風にあおられて驚く方が多いようですがそれ故に感動できる観光スポットとなっています。

立神岩(たちがみいわ)

立神岩(たちがみいわ)は険しい断崖が続く与那国島の南東部沖合いに突起する高さ30m程の岩礁です。絶壁の上から覗き込むと、荒々しい波が力強く打ち付け、海の中から立ち上がるその勇姿に神々しささえ感じることでしょう。与那国島では古くから立神岩を「神の岩」と呼び、信仰の対象としてきました。立神岩を見ることができる展望台は二つあります。古い展望台からは断崖絶壁が続く海岸線を見ることができます。新しい展望台からは立神岩を間近に見ることができます。

アミヤハビル館

「母なる島与那国」 モスラのモデル、世界最大の蛾・ヨナグニサンに出会うことができる施設です。アヤミハビル館は、世界最大の蛾、ヨナグニサン(方言名:アヤミハビル)の生態を科学的に解剖し、与那国の人々とアヤミハビルの関わりやその他の昆虫、動物などの紹介、絶滅危惧種(レッドデータ)の展示など体験学習の機能を備えています。お子様の学習課題研究に訪れてみてはいかがでしょうか?

比川浜

比川浜は与那国島比川集落のの先にあり、三日月型にひろがる与那国島では数少ない遠浅のビーチです。白砂の浜辺と透き通った青い海が美しいビーチで、波も穏やかなので、安心して海水浴を楽しめます。ドラマ 「Dr.コトー診療所 」のロケセットが今もそのまま残っていることでも有名です。ロケ地巡礼で訪れる方も多いようです。

5.与那国町のおすすめホテル・宿泊施設

エデンの幸

日本最後の夕日が見える丘まで徒歩3分にあるホテル「エデンの幸」。日本最後の美しい夕日を眺め、心癒されることでしょう。 ホテル併設のダイビングショップ「あーびゃん」では海底遺跡やハンマーヘッドなど与那国島ならではのマリンレジャーをお楽しみいただけるツアーの手配もしています。レストラン・サザンコールではランチ目当ての観光客も訪れます。

民宿てぃだん

日本最西端、西崎灯台の近くに建ち、2階の窓からは美しい海と日本で最後に沈む日が見えるアットホームな民宿です。「てぃだん」は与那国島の方言で「太陽」という意味。予約の際に伝えれば空港への無料送迎もあるのでとても便利です

アイランドホテル与那国

与那国島唯一のリゾートホテル「アイランドホテル与那国」です。リゾートホテルならではの心地よくくつろいでいただけるゲストルームを遊び疲れた体を癒してくれるでしょう。宿泊者には無料で提供される朝食は、館内のレストラン「ニヌハフチ」でお子様も大好きなバイキング形式でのご用意です。

民宿もすら

一人旅でも大丈夫。素泊まりができる民宿です。宿泊者同士が交流できる居心地の良い共同スペースにはたくさんの本があり、共同のキッチンがあります。部屋は個室、クーラー付ですが素泊まりのため非常に安いのが魅力です。旅慣れた方におススメの宿です。宿と併設してレンタカーやバイク、海底遺跡ツアーのお店があるので観光の手続きもスムーズにおこなえます。

まとめ

日本最西端の与那国町の魅力の一部、観光のおススメスポットをご紹介いたしました。決してアクセスが便利な島ではありませんが、スケジュールを合わせてでも訪れたい与那国島。日本で最後に沈む夕日をゆったりと眺めに行かれてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

Check Also

ddecc9e26c7f25d8ea91775aafb98a42_s-640x330

沖縄・石垣島旅行を100%満喫する人気観光・ホテル・食事・お土産情報

沖縄・石垣島といえば、エメラル …